header main image

道路清掃

エコシス埼玉では定期的に道路清掃活動を行っております。平成12年から始まったこの活動は、地域の皆様に支えられながら数百回にわたり継続してまいりました。今後共、環境と地域に役立つ企業であり続けるためにも、エコシス埼玉は道路清掃活動を継続致します。

※毎年5月30日をごみゼロ(5・3・0)の日と定め、同工業団地内全体で清掃活動を行っています。この活動はエコシス埼玉が発端となり広まりました。

エコシス埼玉工場屋根を利用した太陽光発電

平成25年3月にエコシス埼玉では、工場屋根を利用した太陽光発電を始めました。

この太陽光発電開設により、年間CO²削減効果は1,469kg- CO²、原油年間節約量11254ℓ²、CO²削減量と置き換えると、杉の木年間植樹/約1050本分に相当します。

太陽光発電設備を屋根に設置することで熱を遮断し、工場内の室温上昇を防ぐため、省エネ効果も期待できます。

エコシス埼玉は、埼玉の豊かな自然を守る「循環型社会」に貢献しています。

二酸化炭素の排出量削減

エコシス埼玉では、サービスレベルを落とさず、コスト削減を実現しながら、二酸化炭素の排出削減を目指し、計画的に取り組んでおります。

  • ・エコドライブの推進(待機中のアイドリングストップ、タイヤの空気圧チェック等)
  • ・全車両GPS設置
  • ・空調の設定温度の徹底(夏場28° 冬場20℃)
  • ・気づく節電
  • ・こまめな消灯、減灯
  • ・パソコン機器等の省電力モードの徹底
  • ・未使用機器の電源OFF

水資源使用の削減

エコシス埼玉では、無意味な散水はしない、時間を決めたタイムリーな埃等飛散防止のための散水やこまめな節水を行い、持続的に節水対策に取り組んでおります。

廃棄物のリサイクル率向上

ゆとりある環境と持続可能な社会を築くためには、残された資源を大切にするだけではなく、排出された廃棄物を可能な限り利用し、大切な資源として再生させることが必要です。

エコシス埼玉では、今までの経験を活かし廃棄物の細分化を徹底究明し、熟練した厳しい目と細かい手作業による選別作業で細分化の推進を行い、リサイクル率の向上に努めています。

グリーン購入

エコシス埼玉では、環境ラベルやデータ集などの様々な情報を上手に活用して、できるだけ環境負荷の少ない製品等を選んで消耗品、エコ関連商品購入の徹底を行っております。

AED(自動体外式除細動器)設置

AEDを設置し、消防署や近隣の会社、地域の人に利用していただけるようにしています。

ECOSiS Group