エコシスの会社概要

長岡大花火大会

新潟が誇る火の祭典"長岡大花火大会” エコシス新潟がある新潟県では、「海の柏崎」「川の長岡」「山の片貝」という越後三大花火大会があります。その中でも長岡市で開催される長岡大花火大会は日本三大花火大会とも言われている程の花火大会です。   少し歴史をお話させて頂くと、祭そのものの起源は1945年8月1日の長岡空襲からの復興を願い、翌年の8月1日に行われた戦災復興祭であるが、花火大会の始まりはこれとは別となっており、1879年9月14日と15日の2日間、千手町八幡様の祭りに長原などの遊廓関係者がお...

Readmore
産業廃棄物処理安全大会

安全大会

安全大会について 毎年、7月に行われる全国安全週間を前にエコシス新潟では、「安全大会」が開催されています。今年も6月20日(火)に行われました。 エコシスグループではグループ全社員を対...

Readmore

2017NEW環境展・記念セミナー

5月23日、24日と東京国際展示場へ 5月23日、24日と東京国際展示場へ2017NEW環境展の見学と同時開催の記念セミナー「遺品整理・不用品回収のコンプライアンスと事例に学ぶ民間ビジネス」に参加して来ました。 環境展では数多くの企業が出展し、様々な分野の商材などを展開していました。水処理・水質浄化エリア、土木・建設コーナー、ものづくり部品部材メンテナンスコーナー等、それぞれの分野に分かれ、わかりやすく会場が作られていました。 近年、少子高齢化社会が進んでいることから 、記念セミナーでは「遺品整理・不用...

Readmore

労働災害防止について

労働災害防止について 平成29年1月18日 生産部 当社エコシス新潟では定期ミーティングと年に1回安全大会を行い、年間を通しての安全意識の高揚と危険予測についての再認識等を行っております。安全大会後の全国安全週間中には実践を踏まえ社員で安全への取り組みを行っています。 危険物を扱う事も多い業種である為に日々の作業において過信せず、常に初心を忘れず取り組んでいく事が労災ゼロへの第一歩であると私たちは考えます。 安全大会の中では作業の中での...

Readmore

エコシス新潟焼却施設について

2機の焼却炉 当社エコシス新潟には2機の焼却炉があり日々稼働している。それぞれの焼却炉を名称の頭文字を取って、当社内で1号炉は“WO”と呼び、2号炉は“NH”と呼んでいる。 2機の焼却炉の大きな違いとして1号炉、2号炉では焼却方法が異なる。1号炉ではメインバーナーがあり、バーナーで廃油を処分し、同時進行で固形廃棄物も焼却する。それに加えて廃液の処分も出来る。アトマイザーという大きな霧吹きのような仕組みの装置を使用し廃液を燃焼室に吐き出し焼却している。 2号炉にはメインバーナーは無く、廃棄物の燃焼だけで廃...

Readmore

中越沖地震について

中越沖地震について 株式会社エコシス新潟 生産部 ここ近年、大きな地震が多発している。私たちが体験したのは新潟県中越地方沖を震源とする中越沖地震である。 2007年(平成19年)7月16日10時13分23秒に発生。地震の規模を示すマグニチュードは6.8。エコシス新潟所在地の柏崎は震度6強。 この地震で死者15人、負傷者数2,345人、住家全壊1,319棟、住家半壊5,621棟、住家...

Readmore

ECOSiS Group