エコシスの会社概要
エコシス埼玉 安全大会

平成29年度エコシス埼玉安全大会

Category: エコシス埼玉

平成29年度 株式会社 エコシス埼玉 安全大会開催

7月1日から始まる全国安全週間は、労働災害のない安全で働きやすい職場を作るための習慣です。エコシス埼玉においても、エコシス埼玉安全大会が6月20日に開かれました。

「エコシス新潟とエコシス埼玉の無災害記録が去年の安全大会から継続していますが、その反面、 依然として交通事故が多いため、今後も一層気を引き締めて、1年間無災害を目指していきましょう」という山口社長の挨拶から安全大会が始まりました。

次に、今年の安全標語の表彰式があり、社長賞に埼玉生産部 野呂職長の作品が選ばれました。

『安全は一人一人の意識から、基本動作と安全確認』

宣誓式

エコシス埼玉の今期目標は、「重大災害ゼロ」「作業環境の改善」です。
目標達成するための日常実施項目として、下記を実行致します。

  1. 重機車両・機械設備などの始業点検を必ず実行します。
  2. 重機車両の安全運転に心がけ、事故防止に努めます。
  3. 互いに一声掛け合って接触事故を防止します。
  4. 毎日整理整頓に努め、快適な職場を作り上げます。

6月19日現在で、各社の無災害記録は、エコシス新潟が1,037日、エコシス埼玉が563日となっており、エコシスグループ全体として前年の安全大会では達成できなかった記録を今年は達成することができ、引き続き記録を更新し続けています。

エコシス新潟の無災害記録が1,000日を超えたこと、そしてエコシス埼玉も1年後の安全大会まで無災害が続けば1,000日まであと一歩といった状況に、社員一同、無災害を目指そうと安全管理への気持ちを強化しました 。

最後に安全の誓いの発表があり、快適な職場環境作りを目標として全作業員が一致団結して、無災害の継続を誓いました。

平成29年度 エコシスグループスローガン

『“だろう”ではなく、“かもしれない!”みんなの意識で守る安全職場』

ECOSiS Group